導入によるメリット

導入によるメリット 自社でサーバ導入・管理するオンプレミスと比較して、クラウドサーバ導入にはいくつかのメリットがあります。まず、大きなメリットの一つとしてコストが安いことがあげられます。サーバを準備する必要がないため、一般的に初期費用は安く抑えられるのです。さらに、従量制で契約すれば利用分のみのコストで済みます。また、拡張性が高いところも良い点です。処理量が増加すれば、スペックを上げて処理するような使い方もできるのです。

クラウドサーバならインターネットに繋がれば、デバイス機器にとらわれることなくアクセスできる点も利便性が高く評価できます。デバイス機器としては、パソコンをはじめスマートフォーンやタブレットなどが利用可能です。運用管理者にとっては、サーバメンテナンスが不要になるところも大きな利点です。OSのバージョンアップやセキュリティ対策、ハードウェアのメンテナンスなどの数多くの運用作業から解放されることは画期的なことと言えます。

クラウドサーバを導入することによるデメリット

クラウドサーバを導入することによるデメリット クラウドサーバ導入には数多くのメリットがあることを良く目にすると思います。しかし、デメリットも存在することを忘れてはいけません。まずはオンライン環境が必須であるということです。クラウドサーバはデバイスを問わずオンライン環境であればどこにいても情報共有できる利点があります。その反面、地下鉄や通信電波が届かない場所では、一切利用できなくなってしまいます。利用用途によっては注意が必要となります。

また、デバイスを問わず利用できる利便性の良さは、本来アクセスさせたくないデバイスからも利用できることを意味します。セキュリティ対策を行っていないと、自宅のパソコンや個人のスマートフォーンなどからも容易にアクセスできます。オンプレミスと比較するとカスタマイズ性などの自由度が落ちる点もデメリットとしてあげられます。オンプレミスは自社で構築するため予算の範囲内であれば自由にカスタマイズできますが、クラウドの場合はサービス提供事業者のサービス範囲に依存するため、どうしても自由度は落ちてしまいます。