クラウドサーバと仮想サーバ

クラウドサーバと仮想サーバ クラウドサーバと仮想サーバはどちらにおいても抽象的なリソースから有効な環境を作り出すことが中心となるためこの二つは混同されがちですが違いはもちろんあります。
まず仮想サーバは複数のエミュレートされた環境や専用リソースを単一の物理ハードウェアシステムから作成することを可能にするため、一つのシステムを異なる個別のセキュアな環境に分割され、マシンのリソースをハードウェアから分離して適切に分離し適切に配分し、ハイパーバイザーの機能によって動作する事になります。
開発者のサンドボックスが同じ物理サーバー上に存在したとしても問題を起こしたり、暴走するコードからは分離されているため、開発者にとって便利です。
一方クラウドサーバは仮想化されたリソースのプールの事を言います。
管理および自動化ソフトウェアによってオーケストレーションが行われ、ユーザーは自動的なスケーリングや動的なリソースが割り当てをサポートするセルフサービスポータブルを通じ、オンデマンドでアクセスする事ができます。

クラウドサーバと仮想サーバのメリットについて

クラウドサーバと仮想サーバのメリットについて 有名な外国人がクラウドコンピューティングという言葉を使ってから、10年以上の時が経ちました。
90年代初頭くらいからコンピュータ業界ではクライアントサーバ型という言葉も流行り、それ以降、このコンピュータの形態が一般的なものとして使われて来ました。
サーバ部分がインターネット上に隠れていることを雲の上にあると言い換えたものがクラウドコンピューティングです。
このため、実際は技術的には何も新しいことはありません。
しかし、有名人が初めて言ったこの言葉で世の中は、一気に方向を転換します。
それまで分散化が提唱されて来ていた企業内のサーバ構成がクラウド化したのです。
クラウドとは、インターネット上にサーバがある状況を指しますが、同時に、分散環境を統合する意味も含まれます。
別の言い方ではクラウドサーバと呼ばれ、仮想サーバとも呼ばれます。
クラウド環境では、クラウドサーバによるメリットを最大化できます。
今後もっと加速していくでしょう。