自作クラウドサーバのメリット・デメリット

自作クラウドサーバのメリット・デメリット dropboxやonedriveのようなクラウドサーバを自作で立ち上げて、利用すれば容量は無制限ですし、一般的なクラウドサーバに比べればユーザー数が少ないので反応も早く使いやすいものが安価に作れるのではないかと考えられます。
たしかに自分で管理が出来れば必要に応じた仕様に出来ますし、無駄のないとても便利なサーバに出来ます。
セキュリティなどもアクセスする人が限られるので高いと言えます。
しかし実際には自分でクラウドサーバを用意するメリットは少なくなってきています。
それはクラウドサーバの速度や容量の制限が少なくなり、更に料金も安くなってきているのでサーバを使い放題とも言えなくなくなってきています。
逆に管理に手間がかかる問題などデメリットは大きくなっていくばかりです。
この為に何か特別な利用方法に対応できるように自作サーバを作るのでなければあまり意味がなくなってきていると言えるでしょう。
それよりもアクセスするデバイス側を工夫して利用する事を考える方が現代的と言えます。

クラウドサーバを自作運用した場合のデメリット

クラウドサーバを自作運用した場合のデメリット クラウドサーバは通常他社がつくったものを利用しますが、自作することができます。
その場合お金がかかると言うデメリットがあります。
クラウドサーバをつくるには、関連する知識に精通する必要があり、その人をまず自社で用意する必要があります。
ゼロベースの知識から教育するとなると、多くのお金と時間がかかります。
運用する場合にも専用のスタッフが必要となります。
担当スタッフは数人以上になるので、一人最低年間5百万以上のコストがかかり軽く年間1千万円のコスト負担になります。
クラウドサーバ利用はコスト負担減が魅力なので、自社でのみ使うことを想定している場合自作はメリットが少ないと言うか、導入しない方が良いと言えるかもしれません。
導入する場合、社員数が数万人以上の大会社かクラウドサーバを他社に提供する場合になることでしょう。
他社にサービスを提供した場合は、運用に過失があった場合損害賠償請求されることがあることにも注意が必要となります。